News新着情報

初回限定10%OFF

パース工房へのご依頼が
初めてのお客様限定で

初回制作費10%OFF!

パース制作のメリットについて

パースは、建築業界におけるプレゼンでは欠かせないもの。

パースは建物の外観や、室内の様子を把握するためにかならず用意しておきたい、ルール(描画法)に基づいて描く透視図のようなものです。

まだ存在しない建物が実際にどのような形で仕上がるのか、平面図ではなかなか読み取ることができませんが、立体的なパースを作れば、誰でもかんたんに完成時の建物の外部や内部の様子を把握することができます。プレゼンに役立つパースには、鳥観図や断面図、外観、内観などが含まれます。

 

パースを制作するメリット

パースを制作することで、以下のようなメリットが生まれます。

 

イメージが伝えやすくなる

平面的な設計図面や展開図では、それらを見ても完成図のイメージは湧いてこないものです。CGによりパースを作れば、完成後の建物内外の様子は、誰にでもかんたんにイメージできるようになります。

 

デザインを比較検討できる

CGでは、たとえば完成後の部屋の内装イメージを複数用意しておき、それらをチェンジしながら比較検討することが可能です。これは平面図では不可能なことです。

 

そのまま広告に

新築マンションなどにおいては、パースを用意しておくことで広告イメージとして使用することが可能です。

 

建築業界において、パースの利用は当たり前のことになりつつあります。

プレゼンテーション用の資料として、建物の完成像を容易にイメージできるパースは、もはや不可欠と言ってもいい存在になっているのです。

ただ、パース制作のノウハウを持つスタッフを雇うことは大変。資金力豊富な大企業ならともかくですが、中小のビジネスにとって、人件費はなるべく抑えたいもの。

でも、ご安心ください。パースは専門業者に外注するからこそ、大きなメリットとなります。

 

近年、CGパースの制作に使用されているソフトウェアの進化には目を見張るものがあります。専門業者は常に技術やテクニックの最先端をいくプロ集団。常に知識やテクニックについてアップデートを繰り返しているので、パース制作にも最新の技を落とし込むことが可能です。

 

建築用のパースは、建築用のパース作りを得意としている専門業者に依頼するのがベストです。完成後のイメージをクライアントに説明したり、共有したりするのに役立つパースは、出来が悪いとイメージをうまく伝えられないことも考えられます。業界に精通している制作会社のスタッフなら、イメージを確実に伝えられる効果的なパースを作ることが可能です。建築用パースの制作は、パース工房におまかせください。

 

パースは、Perspective Drawing(パースペクティブ・ドローイング)を短縮した呼称で、日本語で表すなら「透視図」になります。CGや平面の設計図をコンピュータに取り入れ、立体的な図として表したものです。

 

建築業界における、マーケティング等を目的としたプレゼンテーションでは、パースの利用が必要不可欠です。建物内外の完成後のイメージは、平面図や展開図を使ってもクライアントにはなかなか伝わりません。パース工房では、CGにより誰にでもかんたんに理解できるパースを制作しています。

プレゼンテーションにCGによるパースを使えば、建物内外の様子だけでなく、そこに発生しそうな問題なども想像できるようになり、より良いプランニングに結びつけることも可能になります。

CGパースの使い方はほかにもあります。たとえば、設計段階でCGパースを活用すれば、建物の完成後をイメージしたシミュレーションを行うことも可能です。

 

パースの制作にかかる費用は、基本的に時間がかかればかかるほど高くなることが普通です。複雑な形状の建物は、シンプルな形状の建物と比較して制作に時間がかかるので、費用も高くなります。同様に、家具にしても、庭にしても、どこまで細かく見せるかで費用は変わってきます。

 

建築パースや、CGパースと呼ばれる透視図は、不動産業界、建築業界において利用が進んでいます。利用方法は多岐にわたりますが、やはりメインとなるのは、プレゼンテーションでの利用です。建築物の難しいところは、サイズが大きいため、完成イメージがなかなか伝わらないこと。このような難しさを解消してくれるのが、特別なソフトウェアを利用して作成するパースなのです。

 

3次元の建造物を平面で理解することは、経験豊富な建築士ならともかくですが、ほかの人たちにとっては難しいことです。スケールを落とした模型を見かけることもありますが、それでは建物の内部まで作り込むのは大変です。

 

特別なソフトウェアを使用して、建物の完成像を立体的に見せられる。これがパースです。3次元で見せることができるので誰にでもイメージしやすいというメリットがあります。

 

メリットはまだまだあります。建物は当然、デザインも重要な要素ですが、たとえばクライアントにデザインを提案する際は、さまざまなデザイン候補を準備して見てもらえればとても効果的です。模型ではさまざまなデザインを準備することは無理な話ですが、CGであればかんたんです。

 

 

建築CGパースは、建物の完成前のさまざまなプロセスにおいて役に立つ、現在の建築業界には欠かせない存在です。建築CGパースの役割として真っ先に思い浮かぶのは、プレゼンテーションでの活用ですが、意外にも、その他の用途に利用している人は多くありません。パースが役に立つ場面と、そのメリットについて考えてみましょう。

 

デザイン検討の材料として使える

たとえば建物の外観をラフに仕上げたパースがあれば、塗装や窓の位置、形状を含めたエクステリアデザインを検討する際の材料として使うことができます。

 

プレゼンテーション用の素材として

これについてはすでに触れましたが、建築業界ではもっとも一般的なパースの使い方でしょう。ビジュアル資料は、見る者がイメージを掴みやすく、また与える影響力も大きいというメリットがあります。

 

街への溶けこみ具合を確認できる

現在の建築予定地周辺の街並みに外観建築パースを描くことで、建物の街への溶けこみ具合を確認することができます。これは、設計図ではわかりにくい部分なので、建物と建物を取り巻く環境を確認する意味でもとても役立ちます。建物が建つことによる近隣への影響などについても検討することができるでしょう。

 

 

CGパースは豊富な表現力を持っているので、建物の細かい部分の質感やデザインなどを忠実に画像として表すことが可能です。パースを用意すれば、プレゼンだけでなく、着工前のプラニングステージ全般にわたり役立てられます。

 

プレゼン力の強化

パースを用意することで、完成後の建物の様子が完全にイメージできるようになります。施主としては大きな買い物になるわけですから、不安があるのは当たり前。建物の完成像がしっかりと表現できるパースを使えば、顧客満足度のアップにもつなげることができるでしょう。

 

アピール力も強化

プレゼン力を強化してくれるパースは、コンペでのアピール力も強化してくれます。現在のパースは、3Dだけでなく、照明や天候の影響による雰囲気の違いなども再現することが可能です。このリアルなシミュレーションにより、コンペでのアピール度をマックスにまで引き上げます。

 

リスクとコストの削減

これまで、建物の完成イメージとしてよく利用されていたのは模型でした。しかし、模型の制作コストは高く、また、設計変更があると対応できないというリスクがありました。CGパースの場合は、模型制作よりもかなりコストを削減可能で、設計変更があってもかんたんに対応することが可能です。