News新着情報

初回限定10%OFF

パース工房へのご依頼が
初めてのお客様限定で

初回制作費10%OFF!

多様な建築パースの作成に適した書き方は手書きかCGソフトか

 
建築パースに興味を持って描き方を知りたいと思っている方もいるでしょう。
建築物の姿を美しく立体的に描き出す建築パースは魅力的ですが、難しそうだというイメージを持っているかもしれません。
この記事では建築パースには様々な種類があることを紹介した上で、どのような描き方が多様な建築パースの作成に適しているかを解説します。


 

・建築パースの種類




建築パースは建築物を透視図法によって立体的に表現したものです。
建築物を見るときの視点は一つに限られるわけではないため、見方の違いによって建築パースは分類できます。
典型的な分け方としては内観パースと外観パースがあります。

内観パースは建築物の内部を見る視点で描き出した建築パースです。
建築物のインテリアを描いたもので、住宅ならどんな生活空間になるのかをイメージしてもらうのに有効です。


 
外観パースは建築物を外側から見る視点で描き出した建築パースです。
見た目のデザインの詳細を見るのに役に立ちますが、周辺との調和性を見るのにも使うことができます。
エクステリアの設計には欠かせない建築パースとして活用されています。

また、この他の視点の持ち方として、外観でも内部でも高い位置から俯瞰して見下ろす形が考えられます。
これは鳥瞰パースと呼ばれていて、全体像を見るのに有効な建築パースとしてよく用いられています。
どのような建築物に仕上がるのかを見たいという人の期待に応えられる書き方です。


 


・建築パースの代表的な描き方



建築パースの書き方として代表的なのは手書きとCGです。
手書きパースは1枚ずつ丁寧に透視図法でパースを書いていきます。
昔ながらの建築パースの書き方で、微妙なタッチで美しく仕上げると好印象を持ってもらえます。
ただ、1枚の建築パースを描くのに時間も手間もかかるデメリットもある描き方です。
最近ではソフトを使って手書きで電子データの建築パースを作ることもできます。


 
一方、CGの場合にはCGソフトを使って建築パースを書き上げます。
二次元CGとして描くこともできますが、建築物は立体的なので三次元CGとして作成するのが一般的です。
一つの建築パースを作成するのに時間はかかるものの、視点を変えていくつもの平面パースを制作できます。
完成した建築物の様子をイメージするにはうってつけの描き方です。

この他の建築パースの書き方としては合成パースがよく用いられています。
合成パースはCGパースと周辺環境や人などの写真をソフトで合成して制作したものです。
建築物の外観と周辺環境との調和性を確認したり、内観に人を合成することで生活の様子を想像しやすくしたりすることができます。
CGだからこそできる技術なので、応用的な建築パースとも言えるでしょう。


 


・三次元CGの建築パースは効率性が高い



内観パースも外観パースも一つの建築物に対して何通りも描くことができます。
効率性を重視するなら手書きに比べてCGは優れている書き方です。
特にビジネスシーンでは顧客が見たいと思う姿の内観パースや外観パース、あるいは鳥瞰パースを用意する必要があります。

手書きパースでも期待に応えられる可能性はあります。

 
しかし、もう少し違う角度で見てみたいと言われたときに、すぐに対応できるのはCGの建築パースです。
三次元CGで準備してあれば、その場で色々な角度から建築物の内観も外観も見せられます。

手書きにも魅力があるのは確かですが、これから建築パースの描き方を学びたいならCGパースを選ぶと汎用性があって役に立つでしょう。


 


・まとめ



建築パースは内観と外観だけでも無数の視点で描けるため、こういう角度で見たいという要望に応えるためにはCGパースが便利です。
ソフトの使い方を覚えれば簡単に書けるようになるので、建築パースに興味がある人は挑戦してみましょう。