建築パース CGパース パース制作 低価格 | スタジオパース工房

心に響くクリエイティブなCGパースをご提供いたします。

0000337927.jpg

HOME

CGパースと3DCGパースの違い

CGパースと3DCGパースの違い

CGパースには、2DCGパースと3DCGパースの2種類があります。こちらでは、それぞれの違いについて簡単にご紹介いたします。

2DCGパース

2D(2次元)CADは、手書き手法をそのままコンピュータによって支援する形式で、一般的には投影法を使用し、その中でも正面図・平面図・側面図で構成される第三角法が基本です。これは縦・横・奥行きの3軸のうち2軸を用い、2次元上で立体を表現するためですが、紙の図面から全体イメージをつかむには、3次元へと脳内で変換する必要があります。

また、2DCADでは等角投影や斜投影などにより、立体図を描くことも可能ですが、画像を回転してもアングル変更が出来ないため、見える範囲は変わりません。あくまでイメージを把握する程度で、正確な形状の表現力は3Dと比べるとやや劣ります。しかし、素早いパース制作が出来るため、時間やコストを抑えたい時などに適しています。

3DCGパース

3D(3次元)CADは、はじめからコンピュータを最大限に活用し、3つの軸を用いて仮想空間に立体を描いていく、まさにデジタル時代ならではの設計手法です。

リアルな陰影や写り込みまで表現出来て、誰でもすぐに形状を把握出来ることはもちろん、これまで2Dでは困難とされていた曲線的なデザインの表現にも適しています。アングルが自由に変えられるため、建物の全体イメージがよりつかみやすくなります。

また、3DCGパースで表現される構図は実物とほぼ同じ大きさに入力されることから、仮想空間での表現が現実と同じ扱いでのシミュレーションが可能です。信憑性の高い3DCGパースは、企業プレゼンやコンペにも最適と言えます。

機能面の特性上、近年では3DCGパースの需要が高まっていますが、紙図面の2DCGパースも根強い需要があります。それぞれの特性を知り、必要に応じて使い分けてください。

外観(エクステリア)パースや、内観(インテリア)パースもご相談ください

当工房では、低価格で高品質なのはもちろん、豊富な経験と知識をもとに制作した、訴求力のあるCGパースをご提供しています。一戸建て住宅や店舗、ペンション、ホテルなどの外観(エクステリア)パースや、内観(インテリア)パースなどもお気軽にご相談ください。